通訳ガイドになるなら、添乗員(旅程管理主任者)の資格を持っておくと便利な理由 | いつかは素敵な通訳ガイド

通訳ガイドになるなら、添乗員(旅程管理主任者)の資格を持っておくと便利な理由

添乗員の資格通訳ガイド
添乗員と通訳ガイドのお仕事は、似ているようで違うものです。
しかし、通訳ガイドをするなら、添乗員(旅程管理主任者)の資格を持っておいて損はないと、元添乗員の私は思います。
ここでは、添乗員と通訳ガイドの違い、そして添乗員の資格を持っていれば、なぜ通訳ガイドの仕事がしやすいかをお伝えいたします。

添乗員とガイドは何が違うの

実際に、それぞれの定義された仕事内容を見てみましょう。
添乗員の正式名称は旅程管理主任者と言います。
そして、そのお仕事は、読んで字のごとく、スケジュールや、お客様の安全を管理するお仕事です。
添乗員の仕事は、旅行会社が企画し販売するパッケージツアーまたは団体旅行に同行し、旅行計画に従ってツアーが安全かつ円滑に運行されるように交通機関や各種施設との調整や対応を行い、旅程を管理することです。
また、お客様に旅行を楽しんでいただくための工夫をこらしてゆく旅の演出家としての一面もあります。
出典:TCSA 日本添乗サービス協会 添乗員の仕事とは
対して、通訳ガイドのお仕事は当然、
全国通訳案内士は、通訳案内士法において「報酬を得て、通訳案内(外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内をすることをいう。)を業とする。」とされています。
出典:国土交通省 官公庁 通訳ガイドとは

と、いうことになります。

定義の上では、全然違うのですね。

実際は通訳ガイドも添乗員の仕事を兼務することが多い

本来、添乗員は時間の管理、ガイドは旅行に関する案内をする、と分かれていて
ツアーでも添乗員とガイドの両者がいるのが普通でした。
しかし、昨今は添乗員だけガイドだけのツアーも増えて、どうしても
お互いの役割を兼任しなくてはいけない事も増えてきています
(本来はしなくても良いのですが、そうも言っていられないので)。
また、仮に添乗員が付いてくるツアーでしかガイドしないとしても、やはり添乗員の仕事を知っておくのはツアーをスムーズに進行する上できっと役に立つと思います。
私が知っている方の中でも、通訳ガイドとして仕事をされながら、添乗員の資格を取った方も多くいらっしゃいます。

添乗員の資格を取るためには

添乗員の資格の取り方ですが、通訳ガイドとは違い、試験を受けて受かれば資格がもらえ、仕事が出来るというものではありません。
次のような要件があります。
① 観光庁長官の登録を受けた機関が実施する旅程管理研修の修了(合格)。当協会は、研修実施登録機関です)
② 旅行業法で定められた一定の添乗実務を経験していること。
この条件を満たしている方(旅行会社または当協会の会員である添乗員派遣会社などに所属している方)は「旅程管理業務を行う主任者証」が発行されます。
出典:TCSA 日本添乗サービス協会 添乗員になるためには
つまり、どこかの旅行会社か添乗員派遣会社に所属して、そこで旅程管理研修を受けなくてはいけません。 少し時間も掛かるし大変ですが、添乗員としても日帰りツアーなどの経験を積めるので私としてはお勧めです。
添乗員の仕事を実際にする気はないけれど、添乗員がどんな仕事をしているかだけでも知りたいという方にはe-ラーニングがお勧めです。
これなら、どこの添乗派遣会社に所属していなくても受講する事が出来ます。
※修了証はもらえますが、実際に添乗員として仕事をする場合はやはりどこかの添乗派遣会社が行う旅程管理研修を受ける必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
添乗員と通訳ガイド、本来は全く違う職種であるにも係わらず、お互いがとても関連しているのですね。
そのため、添乗員の資格を取っておけば、初めてのツアーに出る時も、流れが分かって便利です。
あなたに、もし時間と余裕があるなら、添乗員の資格を取ることを強くお勧めします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へにほんブログ村 旅行ブログ 添乗員・ツアコンへ
↑↑↑ランキングに挑戦しています。クリックしていただけると励みになるので嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました